イボキン環境方針

当社は、資源の少ない我が国に於いて、都市鉱山開発企業として最先端の技術力、ノウハウ、安全性を追求し、持続可能な資源の有効活用を通じて社会に貢献する。
当社は、日本の美しい自然環境を未来に残し、「もったいない」の心を社会に広める事を使命とする。
本方針は一般に公開する。

  1. 環境関連の法規制並びにその他の要求事項を徹底遵守する。
  2. 解体、分離、選別技術を研鑽し、リサイクル率の向上に努め廃棄物の製品化による自己完結型のリサイクルを目指す。
  3. 製造技術、流通システムを研究開発し、より良いサービスを広く提供する。
  4. 定常業務はもちろん、非定常業務及び事故等の緊急時に於いても汚染予防を徹底する。
  5. 本方針遂行のため、環境目標を設定し、必要に応じて見直し、環境パフォーマンスの向上のため、環境マネジメントシステムの継続的改善を推進する。
  6. 当社環境方針に沿った行動を行うように、全従業員及び当社の為に働く全ての人に周知する。

ISO14001認証取得

当社は、業界に先駆け、1999年12月にISO14001を全事業所にて取得しました。
EMS委員会を立ち上げ、定期的に委員会を開催し、ISOに基づくマネジメントを実践し、質の高い環境保全活動を推進しています。

環境マネジメントシステム(ISO14001)とは

ISOとは国際標準化機構(International Organization for Standardization)の略称で、国際的な取引や協力を促進するため、幅広い分野で、世界標準を決めるための活動を行っている非政府機関(NGO)です。
ISO14001は環境分野に関する国際的な標準規格で、あらゆる事業活動において環境に与えている負荷を認識し、その負荷を継続的に低減していくための仕組みを取り決めた規格です。
ISOの認証は、ISO14001に基づき環境管理システムを構築した企業や団体などの組織に対して認証機関より、その適合性を保証されることです。
当社は、1999年12月に業界としてはいち早くISO14001認証を取得し、以来環境負荷の低減並びに有益な環境側面の拡張に向けての継続的な改善を実践してきています。