サステナビリティ

ステークホルダー目線で取り組む
社会的課題への提案

イボキングループはステークホルダー
との対話を通して
人類共通の課題であるSDGsの
目標達成に貢献していきます

※持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

持続可能な社会の創造 SDGs
		サスティナビリティ
持続可能な社会の創造 SDGs
		サスティナビリティ
持続可能な社会の創造 SDGs
		サスティナビリティ

顧客(顧客満足)

取組

  • 熱中症対策
  • 電子マニフェストの導入
  • コンプライアンス経営
  • 安全への取り組み

社会(経済価値・ガバナンス)

取組

  • コンクリート再生循環工法
  • 高度循環型社会の重視
  • 内部通報

地域(地域社会への貢献)

取組

  • 5S活動
  • 自営消防競技会

従業員(職場環境)

取組

  • ノー残業デーの実施
  • 改善提案活動
  • 自己啓発支援
  • ダイバーシティの推進