社員紹介

ibokin people

お客様から、社名よりも
名前で呼ばれる方がうれしい。

新卒会社説明会で高橋社長の講演を聞き、リサイクル業界への熱い思いに共感し入社。ドライバーでありながら、取引先の企業の担当者とも積極的にコミュニケーション。その親しみやすさと的確な仕事ぶりで得意先からの人気も高い。運輸事業部でありながら重機の運転技術も身に付けたいと考えている。

社長の講演を聴き、産廃やリサイクルのイメージが変わりました。

大学では地球環境分野を専攻し、そういう職業に就きたいと考えていました。また、卒業後は地元兵庫に帰りたいという思いもあり、イボキンの会社説明会に行って社長の講演を聴きました。地球環境のこと、これからの産業廃棄物やスクラップなどについての話を聴き、こういう分野もあるんだと初めて知って受けてみようと思いました。僕はそれまで、廃棄物と言っても一般家庭からのゴミくらいしか思い浮かばなかったですが、そこで初めて産業廃棄物というものがあり、処理の仕方も全部燃やすものと思っていたところが、しっかり分けて資源化するのだと知りました。「リサイクル業…そういうのもあるんだ」と、イメージが変わりましたね。

イボキンのドライバーは、日中をメインに走ります。

現在、8トンコンテナ車のドライバーをしています。大型免許は入社して2年目くらいで取りました。主な仕事は、お客様から産業廃棄物やスクラップなどを引き取り運搬することです。引き取りエリアは近畿・関西中心、中国地方も少し。1日のスケジュールは配車係である上司が毎日作成し、その指示にそって運行します。決まったルートで回る所もあれば、自分で行路を考えないといけない場合もあります。新しい現場や短期間で終わる仕事なら、その時どきに応じたルートを自分で選定します。基本、8時~17時、日中をメインに走る感じですね。仕事によっては夜間の引き取りもあったりしますが、僕の場合はめったにないです。

同僚やお客様に褒められることが励みになります。

話すことが好きで、お客様の所で仕事の話や他愛のない話をさせてもらうことが結構あリます。その中から情報を得て営業さんに伝えたら、それが次の仕事につながったこともありうれしく思いました。また、狭い道や現場で引き取りや交換作業をして、我ながらうまくできたと思った時に、後で営業さんから褒められたり、「お客様が褒めて下さったよ」と聞いたりすると「やってよかった」と思います。お客様から「イボキンさん」ではなく「倉橋君」と呼んでもらえた時もうれしいですね。イボキンには、現場の片付けまでキレイにという方針があって、全ドライバーが最後までキレイに掃除までして、挨拶もきちっとしています。これは、運輸部全体として褒めていただくことが多いです。

走るだけじゃない、話せるドライバー。
だからこそ、お客様の役に立てる。

入社前より運転が好きになりました。

営業さんだけでフォローできない部分を補助するのも、サービスドライバーとしてのやりがいになります。「走る以外にも営業の助けになったり、会社の力になれるんだな」と。エリアを走る中での楽しみは、休憩時間にサービスエリアでご当地モノや限定モノを食べたり買ったりできること。限定って言葉に弱いタイプで。入社して12年になりますが、今後チャレンジしたいのは、運輸部も解体の手助けができるようにするために、重機・運転などの必要な資格を取得し技能も高めていくことです。もし、お客様の所で解体プラス積み込み作業となって重機を使う場面が出てきたら、免許がないから乗れないでは話にならないので、資格取得にもっと挑戦していきたいですね。

キャリアステップ

  • 2011年

    入社

    2か月間の研修を経て運輸部に配属。
    4tコンテナ車を任される。

  • 2013年

    大型免許取得

    運転や作業にも慣れてきたため大型免許を取得。

  • 2014年

    8tコンテナ車を任される

    仕事の幅が広がり、知識・技術ともに学ぶことが増えてきた。

  • 2016年

    新人教育担当に任命

  • 2018年

    コンテナチームの管理担当へ

    車両管理や現場改善業務にチャレンジ。

  • 2021年

    病院担当を任される

    メディカルの仕事を覚え、病院回りの効率化に取り組むように。

最後にこれを読んでいる求職者の方に メッセージをお願いします。

ここで、いい出会いができれば嬉しいです。

イボキンの社員は「この人いい人だな」と思う人や、話しやすく楽しい人が多いです。社長がそういう人を好きなんでしょうね。アウトドア派の人も多く、休みの日に一緒に釣りや登山に行くことも。コロナ禍でだいぶ減ったんですが、会社行事が結構多く、ボーリング大会、バーベキュー、社員旅行、社員の家族を招いてのイベント…僕はそういう点も好きですね。入社して1、2年目って、仕事を覚えるのに必死で自分の時間を作るのが結構難しいと思うんです。だから、学生の人には今のうちに遊んでおいてって言いたいかな。いい出会いがあれば僕らも嬉しいですし、志願する人にもいい出会いだと思ってもらえたらなお嬉しいですね。

入社2年目~5年目、新卒入社、中途入社と
さまざまな経歴を持つ4人の社員による座談会。
入社のきっかけから仕事のやりがいや
休日の過ごし方などプライベートまで、
イボキンで働くリアルを語ってくれました。