社員紹介

ibokin people

自分の提案から案件が生まれ、
ダイナミックな仕事ができる面白さがあります。

元旅行代理店の添乗員という異色の営業マン。臆することなく電話営業を行いアプローチ、度胸あるスタイルと持ち前の明るさで大型案件を続々と受注している。地元ながら、上場企業においてグローバルな視点で働いているというダイナミックさを魅力に感じ、充実した毎日を過ごしている。

前職の旅行会社で初めて添乗したイボキンの社風に憧れました。

私は元々旅行会社にいまして、実は初めて添乗員としての業務をしたのがイボキンの社員旅行だったんです。その時に会社自体がすごく明るくて若くて活気あるなという印象が強く残っていました。それから2年ほど経って転職をしようと考えた時に、真っ先に思い浮かんだのがイボキンだったんです。旅行会社でたくさんの会社の添乗をしましたが、一番初めに添乗したイボキンのイメージがすごく良くて、その社風に憧れて入ったというのが大きいですね。実際、入社してからもそのイメージそのまま。レクリエーションも多くコミュニケーションもよくとれるので仲もいいですし、仕事で熱く意見を交わすこともあります。とにかく、明るく活発に動く人が多い会社です。

解体工事から産業廃棄物の回収や処理も、
多彩な提案ができる面白さ。

やっぱり飽きないんですよね、いろんな仕事がたくさんできるので。僕は、お客様から金属を買い取ってくる金属営業という部署にいますが、例えばイボキンは解体工事ができるので、金属の買い取りの話だけでなく、建物を取り壊す話が出れば解体の提案できますし、不要なものの処理に困っておられたら産廃処理の提案もできます。建物を解体して、そこから出た金属や資材を活かして、いらないものは適正に処理するというひととおりのことができる、やってる事が多彩すぎるほどで飽きないんですよ。

新しい得意先で大きな仕事をするダイナミックさを実感。

新規開拓では、企業様向けにパンフレットと一緒に手紙を送るんですね。その後、電話でお話しさせていただくというスタイルなのですが、一度、ものすごい特殊で大掛かりな仕事があったのですが「イボキンさんできるか?」と言われたことがありまして。そこからすぐに現地に行って見積もり出してと、とんとん拍子で話が進んで、自分の手紙ひとつから何千万円という予算の仕事が動き出したと思うと、そのダイナミックな感じや受注した時の喜びは忘れられません。どうやって取引先を広げていくかっていうことには、会社もチャレンジさせてくれるので、これからどんどん取り組んでいきたいです。僕は、まず直属の上司が目標です。いつか超えていけるようにがんばります。

環境問題や世界の金属相場に考えを巡らせ、
一通の手紙に情熱を込めて新規開拓を。

休みの日には、
釣りやスケボー、冬にはスノボにも出かけます。

釣りが趣味で、このエリアは海も近いので休みの日にはぶらりと一人ででかけます。あとは、大学の時からやってるスケボーを続けていてパークに入って楽しんでます、今はもうダイエット感覚ですけど。(笑)この業界は、土日も営業している会社も多いんですが、イボキンは働き方改革もすすんで、ここ2、3年で休みが増えてます。あとはゴルフを少し、僕の部でも全員します。部内のコンペなんかもあって、みんな楽しんでますよ。

キャリアステップ

  • 2017年

    入社

    研修後、金属営業課に配属。金属、産廃、解体の基礎知識を学ぶ。

  • 2018年

    営業スタート

    営業活動を本格的に開始する。

  • 2022年

    主任に任命

  • 2022年

    新規営業中心にシフト

    新規のお客様を中心に、営業活動を行う。

最後にこれを読んでいる求職者の方に メッセージをお願いします。

地元で働きながら、上場企業でグローバルな仕事ができる。

僕は、イボキンのあるたつの市の隣にある姫路市の出身です。地元で働きたい気持ちもあってイボキンを選んだというのもあるのですが、上場企業で安定しているし、地球規模の環境問題や世界中の金属の相場などを考えながら、地元なんだけれど、そういうグローバルさも感じながら働けるのもいいですね。会社が安定しているのでチャレンジする機会もいろいろ作ってくれるので、ガッツがあるタイプの人なら本当にやりがいを感じることができると思います。さっき話したように、休みが多いというのも魅力のひとつだと思うので、仕事と休日、趣味のバランスをとりながら働けると思います。

入社2年目~5年目、新卒入社、中途入社と
さまざまな経歴を持つ4人の社員による座談会。
入社のきっかけから仕事のやりがいや
休日の過ごし方などプライベートまで、
イボキンで働くリアルを語ってくれました。